Just another WordPress site

喜寿のお祝いの仕方は?

喜寿とは77歳のお祝いのことです。
漢字の草書体で「喜」という字を書くと、十七の上に七がつくように見えて、七十七と読めるからです。
喜寿のお祝いをするタイミングは、生まれた年を1歳として考え、毎年お正月が来る度に1つ年を取る数え年の考え方で行くと76歳のお正月、本来的なお誕生日という意味で行くと77歳のお誕生日になりますが、どちらでお祝いしても良いとされています。
還暦の60歳はまだ現役の人も多く"

" (続きを読む...)

未分類

古希のお祝いの仕方

古希とは、70歳のお祝いのことを言います。
古希という言葉の由来は、唐の詩人杜甫の「曲江」という詩句の中に「人生七十古来稀」という一節があり、そこから取られています。
昔は、70歳まで生きることは稀であったという意味です。
古希のお祝いをするタイミングは、70歳の誕生日という考え方と数え年でするという考え方があります。
数え年は生まれた年を1歳として毎年お正月が来る度に1つ年を取るという意味で、古"

" (続きを読む...)

未分類

還暦の意味と風習とは

還暦は60歳を迎えた人をお祝いする文化のことです。
還暦という文字は「暦が還る」と書きますが、これは干支を用いた暦の上だと60年が経過することで干支が一周することが由来です。
60歳という年齢は生まれた年と全く同じ干支に戻る日のことであるため、特別な年齢であるとされているのです。
日本国内では還暦を迎えた人に対しては赤いちゃんちゃんこや赤い座布団などを贈ってお祝いをする風習がありますが、これは日本"

" (続きを読む...)

未分類

長寿のお祝いにのしを付けるなら

日本人は、世界でも有数の平均寿命が高い国です。
そのために、少子高齢化が課題になり高齢化が進んでいます。
しかし、自分の家族や知人が長生きをしてくれることは素直に嬉しくも思います。
また、その長寿のお祝いをすることもうれしいことです。
日本では、年齢の節目に長寿のお祝いをすることが多くあります。
傘寿や喜寿、古希などがあります。
昔からの伝統として現在もそれは残っています。
お祝いの品物には、のし"

" (続きを読む...)

未分類

長寿のお祝いをする時のマナーとポイントについて

「長寿のお祝い」は元々は古来の中国から伝来した風習で、日本では江戸時代の中期頃から「還暦」を始めとする現在の一般的なお祝いがありました。高齢化が進む現在では還暦はせずに「古希(70歳)」からお祝いすることが多いようです。そこで長寿のお祝いをする際のマナーとポイントですが、まず長寿を迎えた当人様にお祝いを贈る時期は大体半月前頃から当日(その年を迎える誕生日)までにします。またいただいたお祝い返しの時

" (続きを読む...)

未分類